ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/07〜02/10 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

首位はB.スネデカー、J.ハーンの2選手 今田は36位タイに後退

◇米国男子◇AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 3日目◇ペブルビーチGL(6816ヤード、パー72)、モントレー・ペニンシュラCC(6838ヤード、パー70)、スパイグラスヒルGC(6858ヤード、パー72)=カリフォルニア州

日本勢で唯一出場している今田竜二は、2日目に17位に後退。大会3日目は巻き返しを図るも、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「73」と伸ばせず、通算3アンダーの36位タイに後退している。この日はペブルビーチGLのインコースからスタートし、バーディを先行させるも一進一退のプレーで前半を折り返した。ところが後半に入った6番(パー5)のダブルボギーで後退。続く7番でバーディを取り返すも、オーバーパーのラウンドに終わった。

<< 下に続く >>

3日目を終えて首位に並んだのはブラント・スネデカージェームズ・ハーン。首位タイからスタートしたスネデカーはペブルビーチGLをラウンドし、6バーディ、2ボギーの「68」と着実にスコアを伸ばして通算12アンダー。一方、スパイグラスヒルGCをラウンドしたハーンは6バーディ、ノーボギーの猛追で首位のスネデカーに並んだ。

通算11アンダーの単独3位にはクリス・カーク、通算10アンダーの単独4位にはパトリック・リードで、ともにモントレー・ペニンシュラCCをラウンドしている。通算9アンダーの単独5位にはペブルビーチGLをラウンドしたリチャード・H・リーが続いている。この日、ペブルビーチGLをラウンドしたディフェンディングチャンピオンのフィル・ミケルソンは、通算1アンダーの56位タイに後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!