ニュース

米国男子ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック
期間:10/17〜10/20 ウォルトディズニーワールドリゾート(フロリダ州)

田中秀道、タイガーが猛追を見せたが、バーンズには届かなかった

米国男子ツアー「ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック」は、20アンダーを越えるバーディ合戦が繰り広げられた。

優勝したのは、34歳のボブ・バーンズ。初日に63をマークして、日本の田中秀道とともに首位に立ったバーンズは、最終日を18アンダー2位タイで迎えた。そして、7つのバーディを奪い、終盤のプレッシャーがかかるホールでも確実にパーセーブを繰り返した。これで、今シーズンのツアー初優勝者は16人目となった。

初優勝を果たしたバーンズのプレーぶりも見事だったが、最終日を一番盛り上げたのは、やはりタイガー・ウッズだった。

3日目を終了して、14アンダーの9位。今大会連覇を狙うタイガーは、首位のクリス・ディマルコに6打差をつけられていた。

タイガーなら逆転も不可能ではない。ファンの期待にこたえるように前半から飛ばした。4、5、6番で3連続バーディを奪い、さらに7番ホールからも3連続。

17番ホールで、この日9つ目のバーディを奪い23アンダーまで伸ばす猛チャージでプレッシャーを与えたが、バーンズには2打及ばなかった。

そしてもう一人、田中秀道も大会をおおいに盛り上げた。初日に9アンダー首位と好スタートを切った田中は、16アンダー6位で最終日を迎えた。

これまで、最終日に伸び悩むことが多く、ファンの期待度はあまり高くなかったようだ。しかしこの日の田中はタイガーをも脅かす猛追を見せる。

前半は2つのバーディしか奪えず、優勝争いから遠ざかって行ったが、12番でボギーを叩くと、開き直ったのか13番からバーディラッシュが始まった。17番まで、なんと5ホール連続でバーディを奪ったのだ。タイガーに続いての22アンダー第4位は、ファンも、そして田中自身も大満足な結果となった。

photo by BEYONDSHIP

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。