ニュース

米国男子ビュイックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ビュイックオープン
期間:08/08〜08/11 場所:ワーウィックヒルズ G&CC(ミシガン州)

タイガー失速、しかし、周囲も伸び悩み辛うじて首位キープ

米国男子ツアー「ビュイック・オープン」3日目。前日見事なゴルフで単独首位に立ったタイガー・ウッズは、スタートの1番ホールでいきなりのダブルボギー。どこまで伸ばすか注目していたギャラリーは、予想外の展開にハラハラしながらの観戦となった。

2番ホールでは、気を取り直しバーディを奪ったタイガーだが、その後はチャンスをつかめず苦しい展開は続いた。7番パー5で再びバーディを奪い、スタート時の14アンダーに戻したのだが、9番でボギーを叩き前半を1オーバーで折り返した。

<< 下に続く >>

後半のウッズはショットの安定感を取り戻し3つのバーディを奪った。しかし、気になるのは最終18番ホールでのボギーだ。通算15アンダー、2位に1打差と辛うじて単独首位をキープしたタイガーだが、最後のボギーが最終日につながらなければ良いのだが・・・。

スコアの伸ばせなかったのはタイガーだけではなかった。2日目に上位に上がってきた選手のほとんどが、スコアを落とすか、維持するのが精一杯だった。タイガーを追って2位につけていたS.バープランクは、スコアを3つ落とし26位に後退し、同じく2位だったJ.J.ヘンリーは35位まで下がってしまった。

代わって2位に浮上してきたのは、メキシコのエステバン・トレドだった。13番ホールまでに7つのバーディを積み重ね、16アンダーまで伸ばしタイガーを捕らえた。しかし、終盤の15、17番ホールでボギーを叩き14アンダーで3日目を終えている。

昨日、次週全米プロへの調整ではなく、今大会も優勝を狙っていると言ったタイガーだが、逃げ切りをはかり全米を含め2週連続優勝できるか微妙な展開になってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ビュイックオープン




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!