ニュース

米国男子 ジ・インターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ジ・インターナショナル
期間:08/01~08/04  場所: キャッスルパインズGC(コロラド州)

マスターズ記録を持つS.ペイトが単独首位に立った

順位 選手名 通算 合計
1 S.ペイト +11 +11
2 R.ビーム +10 +10
2 B.メイフェア +10 +10
4 D.ウォルドーフ +9 +9
4 J.センデン +9 +9
4 H.スローカム +9 +9
4 H.キーニー +9 +9
8 P.スタンコウスキー +8 +8
8 J.ハース +8 +8
8 St.ローリー +8 +8

スコア詳細を見る

米国男子ツアー「ジ・インターナショナル」初日。ポイントシステムが採用されている今大会では、より攻撃的なゴルフが勝利に結びつく。この中で初日トップに立ったのはスティーブ・ペイトだ。

ペイトは前半からバーディが先行し、結局1イーグル、4バーディ、2ボギーで11ポイントを獲得。2位に1ポイント差をつけ単独首位に立った。ペイトは、99年のマスターズで7連続バーディを記録するなど爆発力が売り物の選手。その攻撃性が功を奏した。

全英オープンを制したアーニー・エルスは、6バーディ、4ボギーで8ポイントを獲得。9位タイとまずまずの出だしだ。また本大会で唯一2勝を挙げているフィル・ミケルソンは、-2ポイントと出遅れた。

日本勢は、田中秀道が3バーディ、6ボギーでトータル0ポイントを獲得し78位。そして横尾要が-5ポイントで127位と大乱調。10番ホールからスタートした横尾は、11番でダブルボギー、12番でボギーとマイナスポイントが先行する苦しい出だしとなり、最初の9ホールで-3ポイント。後半も1バーディ4ボギーとドタバタのラウンドとなった。この日はショットにキレがなく、パーオンしたホールは7つだけだった。バーディ合戦となるこの試合形式では、パーオン率アップが勝利の絶対条件。明日以降の2人の活躍に期待したい。

※この大会はステーブルフォード方式が採用されている。イーグルは5ポイント、バーディは2ポイント、パーは0ポイント、ボギーは-1ポイント、ダブルボギー以上は全て-3ポイントで計算され、その合計ポイントを競う。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~