ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ベイヒルインビテーショナル
期間:03/14〜03/17 ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

タイガーの底力、終盤スコアを伸ばしツアー30勝目をあげた

米国男子ツアー「ベイヒル・インビテーショナル」最終日、球聖ボビー・ジョーンズの100度目の誕生日に、T.ウッズが記録的な優勝を飾った。

メモリアルトーナメント、NECインビテーショナルに続きこのベイヒルでも大会3連覇の偉業を成し遂げたのだ。これまで、この大会のホスト、アーノルド・パーマーなども2大会で達成していたが、3大会となるとツアー新記録。ウッズはツアー30勝という区切りの優勝を新しい歴史とともに記録した。

2日目に首位に立ちながら、最終日は2オーバーを叩き展開は思わぬ混戦となった。そして、最終日もスタートホールでボギーを叩き、6番を終えて9アンダーで3位に後退した。

追い上げてきたのはA.カブレラP.ミケルソン。ミケルソンは昨年の大会であと1歩及ばずウッズに敗れている。今シーズンすでに1勝を上げ、今年こそはと順調にスコアを伸ばしたのだが、終盤5ホールで4ボギーを叩くなど力尽きてしまった。

カブレラも最終ホールでトリプルボギーを叩き撃沈。他の選手もウッズに迫りながら失速。6番ホールでイーグルを奪い7アンダーまで伸ばしていたD.デュバルにいたっては、16番で5打目がピンに当たり跳ね返ったボールは池に。このホール9打を費やしてしまった。

2位に入ったのは、昨年11月に行われたワールドカップにニュージーランド代表として日本に来たM.キャンベル。最終18番で深いラフから難しい状況からチップインバーディ、8アンダーグループから1歩抜け出した。

日本勢は丸山茂樹横尾要がそれぞれ決勝ラウンドに進出した。しかし、最終日は共にスコアを大きく崩してしまった。5アンダーまで伸ばした丸山は貯金を使い果たしイーブンパー31。イーブンからスタートした横尾は4オーバー56位で終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ベイヒルインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。