ニュース

米国男子ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ホンダクラシック
期間:03/07〜03/10 場所:TPCヒーロンベイ(フロリダ州)

36ホールラウンドした横尾要は4連続ボギーでスコアを伸ばせなかった

米国男子ツアー「ホンダ・クラシック」は初日大雨に見舞われ、ホールアウトできたのが33人という状況だったため、2日目は早朝からラウンドが行われた。天候は回復したのだが、前日の雨の影響が残り、グリーンは軟らかくバンカーはところにより水がたまった状態になっていた。

選手にとってはタイトなスケジュールになっており、この日も予定されていた第2ラウンドを消化することはできず、スタートすらできない選手もいる。明日3日目以降も変則的なスケジュールは続く。

<< 下に続く >>

暫定で首位に立ったのは12アンダーのJ.リーガー。第1ラウンドを9バーディ、ノーボギーの63、コースレコードをマークした。そして第2ラウンドに入り16番でイーグルを奪うなどスコアを3つ伸ばした。

2位には第2ラウンドを14ホール消化したP.ケーシーが、第2ラウンドだけで6ストローク伸ばし通算10アンダー。さらに、9アンダーでJ.シンドラーが続いている。

現在予想される予選カットラインは2アンダーまで。田中秀道が1アンダー85位グループに入っている。といっても田中は昨日第1ラウンドを終え、2日目はスタートすることができなかった。したがって、明日3日目の午前中に第2ラウンドを行いスコアを伸ばせば予選通過が見えてくる。

今回日本から田中と横尾要が出場している。横尾は昨年この大会で7位に入る健闘を見せたが、今年は苦しいラウンドとなった。田中とは対象的に前日はスタートできず、この日2ラウンド分こなすことになったのだ。第1ラウンドを2オーバーで通過した横尾は第2ラウンドに入り、前半9ホールを1オーバー。後半に入り3番から4連続ボギーを叩いてしまった。通算6オーバーは暫定で139位、予選通過は絶望的になった。

また、昨年アマチュアとして予選を突破した17歳のT.トライオンは、第2ラウンドの10番ホールまで3アンダーとスコアを伸ばしていたのだが、12番ホールから4連続ボギーを叩き通算1オーバーまでスコアを崩してしまった。16番ではパーをセーブしたのだが、ここでラウンドは中断。明日2ホール残しているが、今週も予選通過が難しい状況になってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!