ニュース

米国男子ニッサンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ニッサンオープン
期間:02/14〜02/17 リビエラCC(カリフォルニア州)

和製タイガーが米ツアーで堂々の優勝争いを展開した!

2002/02/18 09:00

2日目単独首位、3日目にも4ストローク伸ばし首位に1打差の単独2位になった谷口徹は、最終日はスコアを伸ばせず13アンダーで単独5位となった。順位は下げてしまったが、最後まで大会を盛り上げたひとりと言えるゴルフをした。

スタートの1番ホールでバーディを奪った谷口だが、6番パー3でこの大会2つ目のボギーを叩いた。続く7番ではバーディを奪い再び14アンダーにしたが、8番、9番と連続ボギーで首位のS.マッキャロンに差をつけられてしまった。ちょうど8番に入ったところで振りだした雨足が強くなり、谷口の距離感を狂わせてしまったのだ。

後半に入り、再び青空が広がると谷口のショットも復活してきた。ピンに絡むようなショットは見られなかったが、アプローチでピンチをしのいだ。そして終盤はチャンスがいくつもあったが、ボールはカップの横をすり抜けてしまった。

優勝争いは最終組の谷口徹S.マッキャロン、L.マティエスとその前組のB.ファクソン、L.サバティーニに絞られた。途中11番ホールでマッキャロンが3連続バーディを奪い17アンダーまで抜け出したが、その後はマッキャロンがジリジリとスコアを落とした。16番パー3でこの日3つ目のボギーを叩き15アンダーまで後退すると、14アンダーグループにつけていたマティエスが17番パー5でバーディを奪い首位に並び、勝負は最終ホールに持ち込まれた。

逃げる立場にいたマッキャロンのアイアンショットは再三に渡りグリーンを捕らえられなかった。そして、一番重要な最終ホールでも2オンできず、得意のロングパターでアプローチを行ったがボギーを叩いてしまったのだ。このホールを手堅く2パットでパーセーブしたマティエスが、ツアー初優勝を飾った。

終ってみれば首位に2打差の5位に入った谷口だが、ショット、パットのかみ合わせがよければ優勝できただろう。谷口には次週行われる世界マッチプレーが待っている。昨年3位に入った試合だけに、今週の調子を持ち込んで更なる活躍を期待する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ニッサンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。