ニュース

米国男子ニッサンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ニッサンオープン
期間:02/15〜02/18 リビエラCC(カリフォルニア州)

ミケルソン、エルスら、注目選手たちにインタビュー!/「ニッサンオープン」初日

米国PGAツアー第7戦「ニッサンオープン」の初日終了後、上位選手や注目選手たちに行われたインタビューの内容は次の通り。

パドレイグ・ハリントン(8アンダー暫定1位)
「満足できる一日となりました。パットも決まったし、幸運に恵まれ、63をマークするのに必要な条件すべてがそろいましたね」

ハリントンがリビエラを初めて訪れたのに比べ、フィル・ミケルソンは2001年以来9回目。5アンダーで暫定の2位タイにつけたミケルソンは、引き続きドライバーショットが好調なことを喜んでいる。

フィル・ミケルソン(5アンダー暫定2位タイ)
「今日もドライバーショットが好調でした。セミラフに運んだホールが5個あったので、数字にすると良く見えないかも知れませんが、ボールをインプレーに出来たときは、ピンにうまく寄せられました。」

先週、長い間ミケルソンと優勝争いを繰り広げたのがジム・フューリック。木曜日、フューリックは短い間ながら、再びトップ争いを展開した。

ジム・フューリック(5アンダー暫定2位タイ)
「今日はいいスタートが切れましたね。10番と11番は距離がないので、ウエッジで寄せてパットを沈めてバーディ、そのあと13番もバーディでした。そして折り返して1番もバーディ、最初の10ホールで5アンダーとなってから、伸び悩みましたね。」

アーニー・エルスにとっては、2006年11月の「ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ」に出て以来となるアメリカでの試合。今年の初戦は10点満点ではないものの、悪くもないと語った。

アーニー・エルス
「2アンダーなら良しとしなきゃいけないでしょうね。今日はショットがいまひとつで、寄せワンが多かったですからね。ですからスコアには満足ですが、ティからグリーンまでのプレーは悔やまれます。」

レティーフ・グーセンも、今年のPGAツアーのデビューとなった。ロンドンの自宅から飛んできたグーセンは、南カリフォルニアの晴天をアドバンテージとすることが出来なかった。

レティーフ・グーセン
「出だし3ホールで2オーバーでしたが、2番でラフからフライヤーとなったのが痛かったですね。あれで一気に2つスコアを落としてしまいました。そこから我慢のゴルフを続け、7番と8番でバーディをとったのに9番でまたボギー。でも後半はなんとかしのぎながら、うまくイーブンパーで上がることができました。」

ミケルソンは、ティショットはこれまで最高と言える自信があると言っていたが、それがやはり連鎖反応となって他のプレーに良い影響を与えたようだ。ドライバーショットがいいことが他のゲームを良い方向へと導いている。ミケルソンの強みである、スリークォーターのアイアンショットはここ2、3年よく見られるが、フェアウェイの狙った場所をとらえることこそ大切。この日フェアェエイキープできたのは6ホールだったが、外したときも、正しいサイドに外したからピンを狙うことができたのだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ニッサンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。