ニュース

米国男子メルセデス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 メルセデス選手権
期間:01/03〜01/06 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

ウィアは失速、昨年3勝のD.トムズが首位に上がった

2002/01/05 09:00


メルセデス・チャンピオンシップの第2ラウンドは、ハワイらしい強風が吹き、選手を苦しめた。そして、初日コースレコードの63を叩きだし単独首位に立ったM.ウィアが、前日とは別人のようなラウンドをしてしまった。

初日前半9ホールで7バーディを奪ったウィアは、「バーディパットが全て2メートル以内についてくれた」とラウンド後に話していた。しかし、この日のウィアは2メートルのバーディパット、そしてパーパットを外してしまった。

<< 下に続く >>

代わって首位に上がってきたのが、昨シーズン全米プロで初のメジャーを制したD.トムズ。トムズはT.ウッズの5に次ぎ、年間3勝を上げている。9番ホールでのイーグルを含め5バーディを奪い10位から浮上してきた。

そしてもう一人、8位からスタートしたK.ペリーも11アンダーで首位に並んだ。初日と同じ2番パー3でボギーを叩きスタートでつまづいたが、この日のペリーは8つのバーディを奪いスコアを伸ばした。

初日イーグルを2つ奪い、5アンダー8位とまずまずのスタートをきったT.ウッズは、いきなりトラブルに見舞われた。スタートの1番パー4でトリプルボギーを叩いてしまった。その後バーディを3つ奪ったが、この日は1オーバーとして通算4アンダーで18位に後退した。

また、1アンダーと少し出遅れた丸山茂樹は、1、2番を連続ボギーでスタートした。そして、初日OBを叩きダブルボギーにしてしまった12番では、またしてもダブルボギー。スコアを2つ落とし、1オーバー26まで順位を下げてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 メルセデス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!