ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルセントジョージスGC(イングランド)

シンデレラボーイ現る!B.カーティスがビッグタイトルを掴んだ!!

第132回「全英オープン」が、イングランドの南西部に位置するロイヤル・セントジョージスで開催された。今年3度目のメジャートーナメントで、4大会ぶりのメジャータイトルを狙うタイガー・ウッズが、昨年の雪辱を果たすべく優勝争いを演じた。最終日を首位に2打差の1オーバーでスタートし、7番ホールで3つ目のバーディを奪い2アンダーの首位に並んだ。しかし、後半スコアを崩し2ストローク及ばず優勝を逃してしまった。

優勝したのは全英初出場のベン・カーティスだった。2000年にプロ入りしたアメリカ出身26歳で、昨年のQスクールで今シーズンのPGAツアー出場資格を掴んだルーキー。これまでの最高順位は2週間前に行われた「ウェスタンオープン」での13位。この成績で全英オープンに出場することを決めている。

初日、2日目は72の1オーバーずつ。決勝ラウンドに入り、アンダーパーをマークし3日目を終えてタイガーと並び1オーバー3位タイ。そして最終日は1番、4番、7番でバーディを奪うと、9番から3連続バーディで5アンダーまで伸ばした。

ところが、そのままでは終わらないのがメジャー大会だ。ツアー初優勝と共にメジャー制覇を目前にしたカーティスは、後半に入りボギーが連発し17番で1アンダーまで後退。変わって首位に立ったのは単独首位でスタートしたデンマークのトーマス・ビヨーンだった。

14番で4つ目のバーディを奪い4アンダーまで伸ばし、メジャー初タイトルを狙うビヨーンも残すは3ホール。しかし、15番でボギーを叩き、16番パー3ではティショットをグリーン右サイドのバンカーに入れると、2打目で脱出できず、3打目もVTRのように同じく失敗。このホールでダブルボギーを叩き1アンダーに後退し、続く17番でも寄らず入らずボギー。

ビヨーンだけではなかった。中盤首位に並んだタイガーやビジェイ・シン、さらに後半スコアを盛り返したデービス・ラブIIIにも充分にチャンスはあった。しかし、メジャーチャンプ3人衆も後半の勝負どころでスコアを伸ばせなかった。そして、最終18番ホールで2メートルのパーパットを沈め、後続組を待ったカーティスが優勝を飾ることになったのだ。

今大会日本から8名が出場し、決勝ラウンドに残ったのは片山晋呉友利勝良の2人だけだった。昨年の51位を上回るか期待された片山は、7番ホールから3連続バーディを奪うなど、最終日をイーブンパーでラウンドし、通算9オーバーの34位タイ。全英7回目の出場となった友利は、通算16オーバーの69位で終了している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。