ニュース

米国男子FedEx セントジュードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 FedEx セントジュードクラシック
期間:06/26〜06/29 TPC at サウスウィンド(テネシー州)

D.トムズがシーズン複数優勝組に加わった!

2003年米国男子ツアー第25戦『FedExセントジュードクラシック』が6月26日(木)から6月29日(日)までの4日間、テネシー州メンフィスにあるTPC at サウスウィンドで開催された。この大会は毎年バーディ合戦が繰り広げられるが、今年も例年通りのバーディラッシュに会場内は盛り上がりを見せた。

優勝スコアは20アンダー、4日間スコアを伸ばし続けたデビッド・トムズが、2位に3ストロークのリードを持って優勝。今シーズン2勝目、ツアー通算9勝目。今シーズンは複数回優勝している選手が6人いたが、トムズもその仲間入りを果たした。

最終日を首位に1打差の13アンダーで迎えたトムズは、スタートの1番でボギーを叩き躓いた。しかし、2番から4ホール連続でバーディを奪い単独首位に立つと、その後は首位を明け渡さなかった。12、17番でもボギーを叩いたが、16番パー5でのイーグルを含む8バーディ。2メートルぐらいのバーディパットを確実に決めたトムズが着実にスコアを伸ばした。

17アンダー単独2位は、最終日に9ストローク伸ばしたニック・プライス。17番ホールまでに10個のバーディを積み重ねたプライスが、18アンダーまで伸ばしトムズにプレッシャーを与えたが、最終18番でボギーを叩いてしまった。

16アンダー3位にはボブ・エステス、フレデリック・ヤコブセンとリチャード・S・ジョンソンの3人が並んだ。14アンダー単独首位からスタートしたジョンソンは、最終日も2ストローク伸ばしたが、同じく最終組でラウンドしたトムズの勢いにはついていけなかった。

ジョンソンはスウェーデン出身の25歳で、昨年のクオリファイで11位に入り今シーズンから米ツアーに挑戦している。これまで13試合に出場し、予選通過は7回。40位が最高だったが、今週は初日から3日まで首位をキープし3位に入った。4日間ボギーは2つだけ、イーグル1つと16バーディでトップクラスの選手と最後まで対等に戦った。

今週の日本勢は、久保谷健一貞方章男の2人が出場したが、久保谷は2オーバーで予選落ち。貞方は初日に5オーバー77を叩き、ラウンド後に棄権している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 FedEx セントジュードクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。