ニュース

米国男子FBRキャピタルオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 FBRキャピタルオープン
期間:06/05〜06/08 TPC at アベネル(メリーランド州)

R.サバティーニが2位に4打差をつけ、ツアー2勝目!

米国男子ツアー第22戦「FBR キャピタルオープン」が、メリーランド州のTPC at アベネルで開催された。次週に今シーズンのメジャー第2戦「全米オープン」が控えているため、欧州ツアーからも多くの選手が調整をかねて出場。軽い調整という気分で出場選手もいただろう。しかし、大会3日目が豪雨にためラウンドできず、最終ラウンドは予備日の月曜まで持ち込まれた。

最終ラウンドを首位で迎えた南アフリカのローリー・サバティーニは、序盤からスコアを伸ばし後続を引き離した。通算14アンダーで逃げ切り、2000年のエア・カナダ選手権以来のツアー2勝目を挙げた。

前日、第3ラウンドも最終ホールでボギーを叩き、終盤のホールでもつれるかと思われたが、そんな心配は不要だった。追ってくるはずの選手がスコアを伸ばせず、サバティーニにプレッシャーをかける選手が現れなかった。13番ホールでのイーグル、15、16番の連続バーディなどで16アンダーまで伸ばした。

ところが、終盤17、18番は難しいということもあるが、サバティーニにはどうも相性が良くないようだ。上がり2ホールを連続ボギーで、ちょっと苦笑いのホールアウトになったが、2位に4打差をつける快勝と言えるだろう。この2ホールだが、サバティーニは4日間でノーバーディ、5ボギー。勝負どころと言われるが、今週はまったく関係なかった。

日本からは、田中秀道横尾要久保谷健一貞方章男の4名が出場したが、次週の全米オープンに出場を決めた田中だけが、決勝ラウンドに残った。初日2アンダーの好スタートを切った田中は、最終日を4アンダー21位で迎えた。ところが、スタートから3連続ボギーを叩く最悪のスタートになり、この日5オーバーと崩れてしまった。

明日、火曜日には各選手全米オープンの会場であるオリンピアフィールズに集結する。すでに会場入りしている選手も多いため、このキャピタルオープンに出場した選手たちは、大急ぎで移動しないと練習ラウンドができなくなってしまう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 FBRキャピタルオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。