ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/06〜02/09 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

7アンダーJ.フューリックが単独首位。1打差でT.ヘロンなど5名が並ぶ

米国男子ツアー第5戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」2日目。ペブルビーチGL、ポピーヒルズGC、スパイグラスヒルGCの3コースに分かれ180名のプロが、それぞれアマチュア3名とラウンドしている。初日と順位が大きく入れ替わり、6ストローク伸ばしたJ.フューリックが7アンダーで単独首位に浮上した。

そして、1打差の2にはティム・ヘロンなど5名が並んでいる。ヘロンは、先週行われた「ボブホープ クライスラークラシック」で最終日を首位で迎えながら、優勝を逃してしまった。16番ホールでダブルパーを叩き3位になってしまったが、そのショックは引きずっていないようだ。今週こそ優勝できるのだろうか。

<< 下に続く >>

また、先週から今シーズンのスタートを切ったデービス・ラブIIIも5ストローク伸ばし7位まで浮上してきた。ラブは一昨年この大会で優勝して以来、優勝から遠ざかっている。その時は、最終日に63の猛チャージで大逆転を遂げた。

今週日本勢は3名が出場している。初日イーブンパー48位とまずまずのスタートを切った貞方章男が、スコアを4つ落としてしまい100位に後退。先週のプロアマにも出場し、「アマチュアとのコミュニケーションも取れるようになった」と言っていた貞方だが、思うようにスコアを伸ばせず苦しんでいる。

初日5オーバーの久保谷健一は、通算12オーバーの163位。初日82の大叩きで176位と最悪のスタートを切った横尾要は、3アンダー69をマーク。128位まで浮上したが、決勝ラウンドに進出するためには、明日も今日と同じくらい伸ばす必要がありそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!