ニュース

米国男子 プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

プエルトリコオープン
期間:03/08~03/11  場所: トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)

石川遼は4打差の21位タイ 首位にM.ジョーンズとG.マクニール

2012年 プエルトリコオープン 初日 石川遼
石川遼は中盤、グリーン上で苦しんだが、明日につながる2アンダー発進【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 M.ジョーンズ -6 66
1 G.マクニール -6 66
3 B.カーティス -5 67
4 J.オバートン -4 68
4 K.キズナー -4 68
4 T.ハミルトン -4 68
4 D.サマーヘイズ -4 68
8 L.ジャンセン -3 69
8 G.コールズ -3 69
8 A.カブレラ -3 69

スコア詳細を見る

◇米国男子◇プエルトリコオープン 初日◇トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)◇7,569ヤード(パー72)

マット・ジョーンズジョージ・マクニールがともに「66」をマークし、6アンダーで首位タイ発進。1打差の5アンダー単独3位にベン・カーティス、4アンダーの4位タイにトッド・ハミルトン、ケビン・キスナー、ジェフ・オバートンダニエル・サマーヘイズの4人が続いている。

今大会初出場となる石川遼は、1番ティからのスタート。2番(パー5)でバーディを先行させると、その後は2バーディ、1ボギーにまとめてホールアウト。首位と4打差の2アンダー21位タイと、無難な滑り出しを見せた。

石川遼は2アンダーとまずまずの滑り出し>
米フロリダ州で行われている世界選手権シリーズ「WGCキャデラック選手権」と同週開催の今大会。全出場選手のうち、現在世界ランクトップ(53位)の石川は初日、3バーディ、1ボギーと静かなスタートを切った。前半2番(パー5)で2オンに成功し、確実にバーディを先行させたものの、その後はなかなかスコアを動かせない展開。ティショットを左に曲げた7番でボギーをたたき、アウトをイーブンで折り返し、上位グループに加わることが出来なかった。

それでも「後半はようやく自分のプレーが出来てきた」と言うように、13番で2つ目のバーディを奪い、15番(パー5)では3メートル強のパットを沈めて2アンダーで初日を終えた。ミドルパットがなかなか決まらないままチャンスを逃し、トップとは4打差という出だしには口惜しい気持ちもある。しかし「いつも『もう少しいけたかな』というプレーを誰しもしている。58を出した時(2010年中日クラウンズ最終ラウンド)も、『もう少しいけたかな』と思ったくらい。これも結果として受け止めるかもしれない」と独特の表現で気持ちの切り替えを強調。「明日はまた新しい気持ちで、アグレッシブに行きたい」とチャンスをうかがっていく。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~