ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

強いタイガー復活!逆転で2年ぶり7度目の優勝!

オハイオ州のファイヤーストーンCCで開催されている、WGC(世界ゴルフ選手権)の第3戦「WGCブリヂストンインビテーショナル」の最終日。タイガー・ウッズが通算12アンダーで逆転。2週連続優勝を手にしている。

単独2位で最終日を迎えたタイガー。スタート時点で首位のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)との差は3ストローク。しかし、その差は、優勝に狙いを定めたタイガーの前では無いも同然だった。立ち上がり早々の2番でイーグルを奪って1打差に詰めると、4番から連続バーディを決めて一気に逆転。さらに前半上がりの9番でもバーディを決めて引き離しにかかる。後半は13番から連続ボギーを叩いたが、その後16番、そして最終18番でバーディを奪い返してフィニッシュ。通算12アンダーで大会7勝目、今季5勝目を手に入れ、「全米プロゴルフ選手権」へ向け、最高の準備を整えた。

タイガーに続き2位につけたのはハリントンとロバート・アレンビー(オーストラリア)。単独首位でスタートしたハリントンは、前半スコアを伸ばせず、タイガーに3ストローク差を逆転されてしまう。後半に入り、タイガーが崩れた場面もあったが、勝負所の16番でハリントンはトリプルボギー。通算8アンダーまでスコアを落とし、なす術なくタイガーにタイトルを譲ってしまった。

通算7アンダー、4位タイにはハンター・メイハンアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)。続く6位タイにはスティーブ・ストリッカーら3人が並んだ。片山晋呉は最後までスコアを伸ばせず通算12オーバー、70位タイでフィニッシュ。五十嵐雄二は通算22オーバー、78位で大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。