ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/23〜02/27 場所:リッツカールトンGC(アリゾナ州)

ミケルソン、ウェストウッドが敗退!若手2人が3回戦進出!

アリゾナ州マラナにあるザ・リッツ・カールトンGCで開催されている、 2011年WGC(世界ゴルフ選手権)の第1戦「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の2日目。初戦を勝ち上がった32名による2回戦が行われた。

初日にワールドランキング3位のタイガー・ウッズが敗れたが、2回戦では同1位のリー・ウェストウッド(イングラウンド)と、同4位のフィル・ミケルソンが姿を消すことになった。ウェストウッドはニック・ワトニーと対戦し、ホールを奪い合う接戦の末1ダウンで敗退。

<< 下に続く >>

ミケルソンはリッキー・ファウラーと対戦し、3番で先取するが、4番以降は完全にペースを奪われてしまう。ティショットが右に曲がるなど不安定なショットが目立ったミケルソンは、13番パー5でギブアップし6アンド5という大差で敗退した。

22歳のファウラーに続き、今大会最年少の17歳マッテオ・マナッセロ(イタリア)も2回戦を突破した。この日の対戦相手は、初戦で石川遼を下したシャール・シュワルツェル(南アフリカ)。1番、3番を先取され2ダウンを喫したマナッセロだが、以降はペースを掴み巻き返す。そしてオールスクエアで迎えた17番で2打目をベタピンにつけて勝利。3回戦ではイングランドのルーク・ドナルドと対戦することになった。

ワールドランキング上位(先週時点)で勝ち残っているのは、2位のマーティン・カイマー、5位のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)ぐらいで、トップ10以内の選手は軒並み姿を消している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!