ニュース

米国男子ライダーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ライダーカップ
期間:09/17〜09/19 場所:オークランドヒルCC(ミシガン州)

米国巻き返しを図るも、フォアサムで噛み合わず

ミシガン州のブルームフィールドヒルズにあるオークランドヒルズカントリークラブで行われている、第35回「ライダーカップ」の2日目。大会前の下馬評では米国チームの優勢と囁かれていたが、蓋を開けてみれば欧州6.5ポイント、米国1.5ポイントと欧州チームが団結力の強さを武器に大量リードを奪った。そして迎えた大会2日目、ホームで戦う米国チームにとって少しでも差を縮めたいところ。

前半のフォアボールでは、タイガー・ウッズ&クリス・ライリー組(米国)が、ダレン・クラークイアン・ポールター組(欧州)を4アンド3で撃破。続いてスチュアート・シンク&デービス・ラブIII組(米国)が、欧州チームのゴールデンコンビ、パドレイグ・ハリントンコリン・モンゴメリー組を3アンド2で下した。

<< 下に続く >>

これで米国に流れが傾いたかに思われたが、午後のフォアサムで欧州チームの逆襲が始まる。第1マッチのクラーク&リー・ウェストウッド組(欧州)が、クリス・ディマルコジェイ・ハース組(米国)に5アンド4で大勝し勢いに乗ると、セルヒオ・ガルシアルーク・ドナルドの若手2人(欧州)が、フレッド・ファンクジム・フューリック組(米国)を1アップで下し、接戦をものにした。さらに最終マッチ、必勝体制で組まれた米国のエース格2人タイガー&ラブが、ポール・マギンリー&ハリントン組(欧州)に4アンド3で大敗を喫してしまった。

結局2日目を終えて、欧州11.0ポイント、米国5.0ポイントとリードを広げた欧州チーム。最終日のシングルス戦で欧州チームが3ポイント以上奪取すれば引き分け以上が確定し、敵地からライダーカップを持ち帰ることができる。なんとしても連敗は免れたい米国チームにとって、明日は背水の陣で挑むことになる。

【結果】
欧州11.0ポイント 対 米国5.0ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ライダーカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!