ニュース

米国男子ビュイック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ビュイック選手権
期間:08/26〜08/29 TPC at リバーハイランズ(コネチカット州)

田中はスコアを伸ばせず無念の13位 W.オースティンが逆転V

コネチカット州クロムウェルにあるTPC at リバーハイランズで行われている、米国男子ツアー第34戦「ビュイック選手権」の最終日。日本の田中秀道が3日目を終えた時点で通算6アンダーの6位タイに浮上。念願の米ツアー初優勝となるかに注目が集まった。

田中は3番でバーディを奪い幸先の良いスタートを切ったかに思われたが、4、6番でボギーを叩き前半を1オーバーで折り返す。後半は14番でイーブンパーに戻すも反撃もここまで。スタート時と変わらず通算6アンダーの13位タイで大会を終えた。

一方、2日目から首位に立っていたベテランのフレッド・ファンクが、10番まででスコアを2つスコアを伸ばしていたが、12番から14番まで3連続ボギー、さらに16番でもボギーを叩いてしまい一気に7アンダーまで後退。17、18番で連続バーディを奪い維持を見せるも通算9アンダーの3位タイでフィニッシュしている。

優勝争いを演じたのは、6アンダー6位タイスタートのウッディー・オースティンとティム・ヘロンの2人。ともにバックナインでスコアを伸ばし、オースティンの2打リード迎えた最終18番、オースティンはボギー、ヘロンは快心のバーディを奪った。これにより通算10アンダーで並び勝負はプレーオフへ持ち越された。

プレーオフ1ホール目の18番パー4、オースティンが2打目をピンそば2メートルにつけるスーパーショットを見せる。対するヘロンはパーオンに失敗しこのホールをパー。オースティンはバーディパットをねじ込み、長い戦いにピリオドが打たれた。

そのほか日本の宮瀬博文は、この日2バーディ2ボギーでまとめて、通算3オーバーの67位タイでフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ビュイック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。