ニュース

米国男子ビュイック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ビュイック選手権
期間:08/26〜08/29 場所:TPC at リバーハイランズ(コネチカット州)

C.ペイビンが8アンダー首位、田中は6打差16位スタート!

米国男子ツアー第34戦「ビュイック選手権」が、コネチカット州クロムウェルにあるTPC at リバーハイランズで開幕した。「全米プロゴルフ選手権」「WGC-NECインビテーショナル」と大きな大会が続いていたため、今週はランキング上位勢が揃って欠場。若手にチャンスと思われたが、初日はベテランがゲームを引っ張った。

首位に立ったのは、メジャーチャンピオンのコーリー・ペイビン。2番パー4でチップインイーグルを奪うなど、7バーディ、1ボギーの8アンダーをマーク。2位に3打差をつけるスタートダッシュを見せた。1995年の「全米オープン」に優勝したペイビンは、翌年1勝を挙げたが、この8年間は優勝から遠ざかっている。

<< 下に続く >>

5アンダー2位には若手のマット・ウェイブリングと36歳のボブ・バーンズの2人。さらに1打差の4位にはフレッド・ファンクジェリー・ケリーなど実績ある選手を含む5人が並んだ。今週は若手、ベテラン入り混じった攻防が繰り広げられそうだ。

そしてツアー初優勝の期待がかかる田中秀道は、2、3、6番ホールでバーディを奪い順調にスコアを伸ばした。ところが、7、9番でボギーを叩くと、それまでの勢いを失い、最終18番でこの日4つ目のバーディを奪い2アンダーフィニッシュ。首位とは6打差だが、16位タイとまずまずのスタートを切った。

少しでも上位に入り賞金を奪いたい宮瀬博文は10番ホールからスタート。13、15番でバーディを先行し2アンダーまで伸ばしたが、その後はボギーを4つ叩き2オーバー92位。2日目にスコアを伸ばして予選を通過し、賞金を稼いでもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ビュイック選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!