ニュース

米国男子EDSバイロンネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 EDSバイロンネルソン選手権
期間:05/13〜05/16 場所:TPC at フォーシーズンズリゾート&コットンウッドバレイ(テキサス州)

タイガー単独首位に浮上!オメーラ、ガルシアが続く

テキサス州アービングにあるTPCフォーシーズンズとコットンウッドバレーGCで開催されている、米国男子ツアー第19戦『EDSバイロンネルソン選手権』の2日目。初日に首位と1打差の5アンダーと好スタートをきったタイガー・ウッズが、3ストローク伸ばし8アンダーで単独首位に立った。

この日コットンウッドバレーをラウンドしたタイガーは、2番パー3でバーディを奪ったあと、3番でボギーを叩いたがその後は安定していた。9番、12番のパー3でもバーディを奪い15番もバーディ。ドライバーショットは相変わらず安定性に欠けるが、パー3で3バーディを奪うなどアイアンショットに冴えを見せた。

<< 下に続く >>

タイガーを1打差で追うのは、親友のマーク・オメーラだ。3アンダー14位からスタートしたオメーラは、タイガーと同じコットンウッドバレーをラウンド。4バーディ、ノーボギーで7アンダーまで伸ばしてきた。今シーズンのオメーラは、タイガーと共に挑んだ欧州ツアーの「ドバイデザートクラシック」で優勝するなど好調を維持している。

さらに1打差の6アンダーには、セルヒオ・ガルシア(スペイン)など5人が並んでいる。今シーズンのガルシアは予選落ちがなく、4月の「マスターズ」では最終日に意地を見せて4位に食い込んでいる。2002年の開幕戦「メルセデス選手権」から優勝が遠ざかっているガルシアが、宿敵タイガーとの直接対決を制し復活を果たすか注目だ。

その他の注目選手は、ビジェイ・シン(フィジー)が5アンダー8位、アーニー・エルス(南アフリカ)は1アンダー49位で予選を通過したが、フィル・ミケルソンは1オーバーで予選落ちになった。また、日本勢は丸山茂樹がイーブンパーの66位でぎりぎり通過したが、田中秀道は4オーバーで姿を消すことになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 EDSバイロンネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!