ニュース

米国男子シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 シェル・ヒューストンオープン
期間:04/22〜04/25 場所:レッドストーンGC(フォールクリークコース)(テキサス州)

主力選手が出遅れる中、宮瀬は68位からのスタート

米国男子ツアー第16戦「シェル・ヒューストンオープン」が、テキサス州ヒューストンにあるレッドストーンGC(フォールクリークコース)で開幕した。実績のある選手たちがスコアメイクに苦しむ中、初日首位に踊り出たのはロッド・パンプリングだ。

インからスタートしたパンプリングは、出だしの10番から12番で3連続バーディを奪い好スタートを切った。その後も確実にスコアを伸ばして6アンダーで初日を終えた。今季10試合中、予選落ちが1度だけと安定した成績を収めているだけに注目したい。

<< 下に続く >>

2位につけたのは米ツアー1勝を誇るクリス・ライリー。アウトからスタートしたライリーは前半だけで5つスコアを伸ばし怒涛の勢いを見せた。だが後半に入ると、3バーディ3ボギーの出入りの激しいゴルフとなり5アンダーのままホールアウト。

ディフェンディングチャンピオンのフレッド・カプルスは、1アンダーの21位とまずまずのスタート。現在の米国ツアー賞金王ビジェイ・シン、飛ばし屋ハンク・キーニー、韓国のスーパースター崔京周が並んで2オーバーの94位と低迷。ジョン・デーリーは4オーバーの123位と大きく出遅れた。

日本勢は、宮瀬博文が出入りの激しいゴルフを展開するも1オーバーでまとめて68位。田中秀道は、前半で4つスコアを落としたが後半1つ取り返し、3オーバー116位の厳しいスタートとなった。予選突破に向けて、2日目の巻き返しに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 シェル・ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!