ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ベルサウスクラシック
期間:04/01〜04/04 場所:TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

Z.ジョンソン首位を堅守!P.ハリントンが3打差で追う

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで行われている、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の3日目。ムービングデイにふさわしく、各選手がスコアを伸ばし始めた。

昨年、ネイションワイドツアーから米国男子ツアーへの出場権を獲得した、28歳のザック・ジョンソンがこの日もすばらしいプレーを披露。大会3日間で平均パット数1.63回を物語るかのようにアプローチとパッティングが冴え渡り、4つスコアを伸ばして通算13アンダー、2位以下に3打差つけて首位をがっちりキープした。

<< 下に続く >>

首位を3打差で追う通算10アンダーの2位には、先週「ザ・プレーヤーズ選手権」2位に入っている好調のパドレイク・ハリントンだ。前半5番で痛恨のトリプルボギーを叩くが、この日合計8つのバーディでそれをカバー。最終18番パー5ではグリーン上からの難しいアプローチを見事に寄せてバーディで締めくくった。この勢いを明日に持っていくことはできるのか。

そのほか、昨年の覇者ベン・クレインは1つしかスコアを伸ばすことができず、通算8アンダーの5位に後退した。今季好調のフィル・ミケルソンは、バーディを5つ奪うが11番では池につかまりダブルボギーを叩くなど、出入りの激しい展開。通算4アンダーの18位と低迷中。

ようやく予選通過を果たした宮瀬博文は、前半で3つスコアを落とし波に乗れないまま3日目を終了。通算2オーバーの25位から60位へ後退している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ベルサウスクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!