ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 プレジデンツカップ
期間:09/22〜09/25 ロバート・トレント・ジョーンズGC(バージニア州)

米国チームが18.5対15.5ポイントで世界選抜チームに逆転勝利!

バージニア州、ロバート・トレント・ジョーンズGCで行われている、米国代表とヨーロッパを除く世界選抜のチーム対抗戦「プレジデンツカップ」の最終日。この日は、シングルスの12試合が実施され、7試合に米国代表が勝利。18.5対15.5ポイントで、米国代表が逆転勝ちを飾った。

第1試合から米国代表が強さを発揮した。ジャスティン・レナードデビッド・トムズが勝利し、早くも米国が2ポイントのリードを奪う。続く第3試合では、タイガー・ウッズレティーフ・グーセン(南アフリカ)に2&1で破れたものの、第4試合でケニー・ペリーがすぐさま取り返し、米国が試合を優勢に進めていった。

第5試合以降は一進一退の攻防が続き、迎えた11試合目。フィル・ミケルソンアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)、との一戦は見応え十分だった。まずは、13番終了時点で1アップとしたミケルソンだったが、次のホールでオールスクエア。再び15番で1アップしたものの、次でまた戻されるという白熱した展開。続く17番では、今度はカブレラが1アップとしたが、18番でミケルソンが意地を見せオールスクエア。結局引き分けに終わっている。

最終戦となったクリス・ディマルコスチュアート・アップルビー(オーストラリア)の戦いは、ディマルコが1アップで勝利。要所で強さを発揮した米国代表が、そのレベルの高さと存在感を示した格好になった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。