ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/02〜06/05 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

混戦を制したのは伏兵Ba.ブライアント!タイガーは3位タイ

オハイオ州のミュアフィールドビレッジGCで行われている、米国男子ツアー第23戦「ザ・メモリアルトーナメント」の最終日。3日目を終えて首位に4人が並ぶ大混戦となった今大会。首位につけていた伏兵バート・ブライアントが、強豪勢を抑えて優勝した。

前半、首位スタートのフレッド・カプルスとブライアントは、バーディの後にボギーとスコアを伸ばせずにいた。続く後半、先に仕掛けたのはカプルスだった。15番までに4つスコアを伸ばし単独首位に立ったが、16番でボギーを叩き後退。その隙にブライアントが、後半だけで一気に4つスコアを伸ばし、通算16アンダーでツアー通算2勝目を飾った。

また、通算15アンダーの2位にカプルス。通算12アンダーの3位タイに、注目のタイガー・ウッズ、ボン・バンペルト、ジェフ・スルーマンが入った。特にタイガーは、最終日8つのバーディを奪うアグレッシブなゴルフを見せたが、2ボギー1ダブルボギーと出入りの激しい展開となり「68」でラウンド。この結果、ワールドランキングでタイガーが再びビジェイ・シンを抜きNo.1に返り咲いた。

そのほか、日本の丸山茂樹は、前半2番パー4でチップインイーグルを決め、絶好のスタートを切った。だが、その後はスコアに伸び悩み、終盤17番でダブルボギーを叩くなど、この日は1つ落としてホールアウト。通算2オーバーの57位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。