ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 ザ・バークレイズ
期間:08/26〜08/29 場所:リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)

M.レアードが単独トップ! 今田竜二も好位置に

ニュージャージー州にあるリッジウッドCCで開催されている、米国男子ツアー第34戦「ザ・バークレイズ」の3日目。マーティン・レアード(スコットランド)が単独首位に立った。

上位陣がスコアを伸ばせず苦しむ中、レアードが頭ひとつ抜け出した。この日のレアードは立ち上がりの2~5番ホールで4連続バーディ、後半にも2つのバーディを奪い6バーディ、ノーボギーと安定感抜群。2位と3打差の通算12アンダーで単独トップに。2位タイにはダスティン・ジョンソンジェイソン・デイ(オーストラリア)。ジョンソンは1イーグル5バーディで前日の28位タイから急浮上。2日目単独トップのデイは、出入りの激しいゴルフでスコアを1つ伸ばすにとどまった。単独4位にはアダム・スコット(オーストラリア)、5位タイにはケビン・ストリールマンら6人が並ぶ。復活を期待されるタイガー・ウッズはスタートの1番ホールでトリプルボギーを叩いてしまうなど1オーバー。通算を3アンダーの28位タイとし2日目に続き順位を下げた。

7位タイと好位置につけた今田竜二はなかなかバーディを奪えず苦しむものの、粘り強いゴルフで1バーディ、ノーボギーと奮闘。通算を6アンダーの単独11位と優勝争いに踏みとどまっている。

2010年 ザ・バークレイズ



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!