ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/12〜08/15 ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)

M.カイマーがプレーオフを制し、初のメジャータイトルを獲得!

ウィスコンシン州にあるウィスリングストレイツで行われている「全米プロゴルフ選手権」の最終日。上位は1ストロークを巡る混戦となる中、通算11アンダーでホールアウトしたバッバ・ワトソンとマーティン・カイマー(ドイツ)のプレーオフへ。カイマーがこれを制し、自身初のメジャータイトルを手にした。

今大会のプレーオフは、10番パー4、17番パー3、18番パー4の3ホールによるストローク形式。1ホール目でワトソンがバーディを奪ってリードすると、2ホール目ではカイマーが4メートルを沈めてバーディを奪い、イーブンに戻す。迎えた3ホール目、ともにティショットは右のラフへ。ここで先に打ったワトソンのボールはグリーン手前のクリークに消え、5オン1パットのダブルボギー。対するカイマーは2打目をクリークの手前に刻み、確実にボギーフィニッシュ。今大会では初となる、ドイツ人のタイトルホルダーに名を刻んだ。

通算10アンダーの3位タイに、ザック・ジョンソンロリー・マキロイ(北アイルランド)。通算9アンダーの5位タイに、ジェイソン・ダフナーダスティン・ジョンソン、スティーブ・エルキントン(オーストラリア)の3人が続いた。

フィル・ミケルソンは5ストローク伸ばし、通算6アンダーの12位タイ。タイガー・ウッズは通算2アンダーの28位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。