ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

最終ホールで決着、R.パーマーが勝利! 今田は43位タイ

ハワイ州オアフ島にあるワイアラエCCで開催されている、米国PGAツアーの第2戦「ソニーオープンinハワイ」の最終日。ライアン・パーマーが最終18番パー5でバーディを奪い、通算15アンダーで今季初勝利を飾った。

最終ホールまでもつれた優勝争い。まずは、1番をバーディとしたロバート・アレンビー(オーストラリア)がリードする。前半でパーマーが逆転するが、後半に入り出入りの激しいゴルフでスコアを伸ばせないパーマーを、アレンビーが15番でとらえた。ともに14アンダーとして迎えた最終18番、パーマーがアプローチからタップインして先にバーディでホールアウト。この試合で好調なパッティングを見せていたアレンビーだったが、3メートル弱の下からのバーディパットを決められずパーとし、パーマーの優勝が決まった。

スティーブ・ストリッカーは通算13アンダーの単独3位で競技を終了。4位以下は大きく入れ替わり、レーティフ・グーセンが通算12アンダーの単独4位、デービス・ラブIIIチャールズ・ハウエルIIIら3名が通算11アンダーの5位タイ。チャド・キャンベルジョン・ロリンズらが通算9アンダーの8位タイに入った。

日本勢は、今田竜二がこの日は意地を見せ、5バーディ、2ボギーの「67」でラウンドし43位タイに順位を上げた。一方、小田龍一は最終ラウンドを「74」と崩し、通算3オーバーの68位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。