ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 ビュイックインビテーショナル
期間:01/26〜01/29 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

タイガーがプレーオフを制して2連覇&今季初勝利!

カリフォルニア州にあるトーレパインズGCで行なわれている、米国男子ツアー第4戦「ビュイックインビテーショナル」の最終日。通算10アンダーで並んだ、タイガー・ウッズホセ・マリア・オラサバル(スペイン)、ネイザン・グリーン(オーストラリア)の3人によるプレーオフへ突入。これを制したタイガーが、大会2連覇と今季初優勝を手に入れた。

首位タイからスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ロッド・パンプリング(オーストラリア)の2人がスコアを崩す中、タイガーは4バーディ、4ボギーと堅実なプレーを展開。最後まで粘りを見せトップタイでフィニッシュしてプレーオフへ。

18番、パー5で実施された1ホール目。タイガーとオラサバルの2人は確実にパーでまとめたものの、グリーンはボギーを叩き脱落。勝負の行方は2人に絞られた。迎えた2ホール目の16番、パー3。オラサバルのティショットはグリーンの右サイドバンカーへ。一方のタイガーはグリーン左手前を捉え、ここで確実にパー。オラサバルは、バンカーからグリーンに乗せたがパーを拾えず、タイガーが勝利を掴んでいる。

注目のフィル・ミケルソン、ガルシアの2人は通算8アンダーの8位タイでホールアウト。日本勢では、丸山茂樹がスコアを1つ落として、通算3アンダーの28位タイ。今田竜二もスコアを伸ばせず、通算1アンダーの39位タイに沈んだ。さらに、田中秀道は通算2オーバーの56位タイ、丸山大輔も通算3オーバーの63位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。