ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 ビュイックインビテーショナル
期間:01/26〜01/29 場所:トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

日本の今田竜二が3位タイの好スタート!タイガーは57位タイ!

米国男子ツアー第4戦「ビュイックインビテーショナル」が、カリフォルニア州、トーレパインズGC(サウス、ノースコース)で開幕。日本の今田竜二が、6アンダーの3位タイと好スタートを切っている。

今田は、2番から5番にかけて4連続バーディを奪うなど、計8つのバーディを奪取。11番、12番で連続ボギーを叩いたものの、6つスコアを伸ばす快進撃を見せた。他にも同ポジションには、スチュアート・アップルビー(オーストラリア)ら8人がつける混戦となっている。 この日、7アンダーでトップに並んだのは、ブラント・ジョーブトーマス・レベ(フランス)。2人とも、7バーディ、ノーボギーという抜群の安定感で最高の滑り出し。

また、2連覇を狙うタイガー・ウッズと強豪のフィル・ミケルソンは、ともに5バーディ、4ボギーと出入りの激しいゴルフとなり、1アンダーの57位タイ。スペインのセルヒオ・ガルシア(スペイン)も3アンダーの33位タイと、やや出遅れている。 残りの日本勢では、丸山大輔が5バーディ、1ボギーでホールアウト。4アンダーの24位タイと好ポジションにつけている。ところが、丸山茂樹は4バーディ、4ボギーのイーブンパーで77位タイ、田中秀道も3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの2オーバー、105位タイと下位に沈んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!