ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/16〜05/19 ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

“ドS”のブラックコース 最終18番は短くてもワナがたくさん

2019/05/16 07:03


ベスページ州立公園ブラックコース 18番パー4(411yd)

2019年からメジャー第2戦は「全米プロゴルフ選手権」。プロゴルファーだけによる最高峰の戦いが16日(木)に始まります。例年の大会は4つのメジャーの中で最もロースコアが出るイメージがありますが、今年に限ってはそうはいかない予感がします。

ニューヨーク州のロングアイランドにあるベスページ州立公園ブラックコースは初心者・中級者お断り、まさに“ドS”クラスの世界一難しいパブリックコースとして知られています。

中でも注目すべきは最終18番。数字だけ見ると411ydと短いパー4ですが、ご覧ください、この歪(いびつ)な形をしたバンカー群…。ティエリアからは14ydの打ち下ろしで、300ydのキャリーで越えることができますが、その奥は両サイドともに深いラフが待ち受けています。

打ち下ろしのショットは滞空時間が長いため、地面に落ちるまで風の影響が大きくなります。そのため、最後までボールから目を離すことができません。やはり安全に行くためには、バンカーの手前までのクラブでフェアウェイに刻む選手が多いのでは、と予想します。

メジャーの最終ホールですから、ボギーを打たないようにするのは容易ではありません。ただし、絶対にバーディが獲れないかというとそうでもないのが、今回のフィニッシングホールの特徴でもあります。選手たちの“欲”をそんな風に誘ってくるのもまた難しいところ。

高難度のティショットをクリアした後は、今度は精度の高いセカンドを求められます。グリーンには大きなコブや、いくつもの面があるわけではなく、奥から手前に下る勾配があるだけ。ただし、第2打地点からは約10ydの打ち上げで、距離を合わせるのが本当に大変。手前の花道で急激に上がっているため、少しでも短いショットになると、60yd近く戻ってきてしまう恐れがあるのです。

バーディチャンスもあるけれど、ボギーのリスクも十分。メジャー最終日に逃げる立場、追う立場の心理状況によって、攻め方が変わる模様をお楽しみください!(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 全米プロゴルフ選手権




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。