ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

【WORLD】R.ファウラーがオーガスタで感じたこと

Golf World(2012年4月16日号)GW voices

オーガスタナショナルGCでのイースターサンデーの輝きは、夜10時30分になってもリッキー・ファウラーにとって続いていた。だが、彼がカヤの外となった、友人ババ・ワトソンのためのお祭り騒ぎは、すでに落ち着きつつあったのだが。

新マスターズ王者との握手と抱擁で締めくくった熱狂的な3時間。数日後、ファウラーはその虜になった経験から、何を得たのか理解することができた。

「“自分が何をしているのか”ということが、今までよりもハッキリしたような気がするんだ。そして“自分が何をしたいのか”ということもね。一晩中、クールな気分だった。オーガスタであれ、どこであれ、もっともっと良いプレーができるような刺激を受けた。(友人が優勝した)あの場所にいたことは、マスターズに優勝するということがどういうことか、ちょっとだけ見えたような気がしたんだ。素晴らしかった。マスターズで優勝したいと、今まで以上に強く思うようになった」。

アーロン・バデリーも同じだった。ファウラーのように、彼もグリーンジャケットを手にしたワトソンの親友で、ワトソンが2011年のマスターズ優勝者チャール・シュワルツェルからグリーンジャケットを授かる瞬間を目の当たりにした。そしてバデリーは、クラブハウスに隣接したテントでのクラブレセプションに参加すると、そこで、オーガスタナショナルのチェアマン、ビリー・ペインが同じ大学出身のワトソンのご機嫌をとり、新たなオナラリーメンバーを祝福するのを見ていた。

「特別で、最高で、刺激的だった」とバデリーから言葉がほとばしる。彼は妻や子供たちと一緒に、友人のワトソンがサドンデスプレーオフ2ホール目でタップインパーのウイニングパットを沈める目撃者になった。「バッバが(グリーン)ジャケットを着ているのを見て、僕もそうしたいという気持ちになった。ルイ(ウーストハイゼン)が(2010年)全英オープンで優勝し、チャールがその刺激を受けたと言ったようにね。多分、同じ感覚なんだろう。同じような結果を導きたいと思うんだ」。

古い話になるが、一人の男が頂点へと突き進んだことが、同じレベルにある他の人々に(それが対抗心であれ、指導であれ、友情であれ)大きな影響を与えた例がある。1970年代後半から1980年代前半にかけてのセベ・バレステロスだ。マスターズ、全英オープンでの活躍がヨーロッパ大陸の選手たちにハッパをかけ、その後、10年以上に渡って(欧州出身の)多くのメジャー王者たちを生み出した。

セベに代表されるような選手の価値を推し量るのは難しい。だが、選手たちはポジティブなものに影響され、彼らはより厳しい戦いに立ち向かおうとする。そして今、少なくともバデリーとファウラーという2人の才能あるプレーヤーの頭の中に、バッバ・ワトソンが奏でている“バラード”が鳴り響いているはずだ。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved

おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。