ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

【WORLD】カプルスがサンアントニオで完勝

Golf World(2011年10月24日号) GW bunker edited by John Antonini

サンアントニオで行われた「AT&Tチャンピオンシップ」。1998年以降のチャンピオンズツアーでは最大となる第3ラウンド突入時のストローク差をつけたフレッド・カプルスにとっては、(最終日に)優勝することなど難しいことではなかった。

2位のマーク・カルカベッキアは一時カプルスに4打差に迫ったが、18番でカプルスがチップインバーディを決めると、その差はラウンド前と同じ7打差となった。

「7打差をつけたのは92年とか90年とか、とにかくすごく前のことだ」とカプルス。「もう二度とこんな事はないだろうね。凄く変な気持ちだし、なんか感覚がなかったよ。でも、バック9ではとてもいいプレーができた」と振り返った。

今季最後のフルフィールドの大会で、賞金ランクのトップ30位以内の選手の入れ替えは無し。トム・レーマンはカルカベッキアを382ポイント上回り、サンフランシスコのTPCハーディング・パークで11月3日から6日に行われる「チャールズ・シュワッブ・カップ・チャンピオンシップ」にポイントランクトップでプレーすることが決まった。

そしてピーター・シニア、ジョン・クックラス・コクランの3人にも、数字的にはシュワッブカップを獲得するチャンスが残っている。賞金ランク26位でツアー通算45勝のヘイル・アーウィンは、2007年以来となるシュワッブカップ出場が決定。そして66歳という年齢は、この30人の戦いに入った最年長記録でもある。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved.

おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。