ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子の優勝クラブ 開幕前にウェッジシャフトを変更

2019/11/26 11:27


大会名:大王製紙エリエールレディスオープン
日時:11月21日(木)~11月24日(日)
開催コース:エリエールGC松山(愛媛県)
優勝者:渋野日向子

渋野日向子が2打差を逆転し、通算19アンダーで国内ツアー今季4勝目を挙げた。大会前にはウェッジのシャフトを変更。賞金ランキング1位の鈴木愛と同組でバーディ合戦を演じ、接戦を制した。

52度と56度に挿したのは、日本シャフトのNSプロ 950GH neo。26試合ぶりに予選落ちした前週大会の後にウェッジの縦距離に課題を感じ、今大会開幕前のテストを経て投入を決めた。

14本のクラブは前回優勝した9月「デサントレディース東海クラシック」から変えず、不動になりつつある。大会を通じてのパーオン率は86%(62/72)、計24バーディを奪うなど、シャフト変更したウェッジも持ち味とする攻撃的なプレーとかみ合ったようだ。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:ピン G410 プラス ドライバー(10.5度)
シャフト:藤倉コンポジット スピーダー569 エボリューションⅥ(44.75インチ、硬さSR)
フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド LST(3番14.5度)、ピン G410 フェアウェイウッド(5番17.5度)
ユーティリティ:ピン G410 ハイブリッド(4番22度、5番26度)
アイアン:ピン i210 アイアン(5番~PW)
ウェッジ:ピン グライド フォージド(52度、58度)
パター:ピン シグマ2 アンサー パター
ボール:タイトリスト プロ V1 ボール

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!