ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

「日本のグリーンに合う」 谷原秀人がエースパター回帰で40代初V

2021/11/16 08:05


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(14日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

2打差の単独首位から出た谷原秀人が逃げ切りで5年ぶりのツアー15勝目を飾った。11月16日が43回目の誕生日。20代で8勝、30代で6勝を積み上げてきた名手にとって、40代に入ってからは初タイトルとなった。

<< 下に続く >>

サンデーバックナインは同じ広島出身、東北福祉大の後輩に当たる金谷拓実との競り合い。用具契約を結ぶ本間ゴルフ製がほとんどを占めるクラブから繰り出すショットは、抜群の切れ味を誇った。フェアウェイキープ率78.57%(44/56)はフィールド1位タイ、パーオン率75%(54/72)も2位タイ。

加えて心強かったのが、持ち味であるグリーン上のフィーリング。「短いのを外す場面もあったけど、パッティングが結構安定していた。(ショットも含めて)どうやっても、上で戦えるような状態ではいた」。何度となくロングパットをタップインの距離に寄せるタッチの良さが際立った。最終18番(パー5)では3日目に10mを沈め、金谷を1打差で振り切る結果となった72ホール目も6mを流し込んだ。

2週前から投入したスコッティキャメロンのセンターシャフトのマレット型パターは、2012年から3年連続平均パット1位に輝いたときも使っていた、かつてのエース。2018、19年と挑戦した欧州ツアーでは「狙ったところに真面目に打ち出しても、きれいに整っていないグリーンだと全然違うところに行っちゃう。あれ(マレット型)を持っていって、ちょっとイップスになりかけた。本当に手が動かなくなって、やめたんです」と封印していた。

プライベートのラウンドで久々に握ると、11個ものバーディを量産したことが再投入のキッカケになった。「日本のグリーンに合うんですよね。グリーンがきれいだから、狙ったところに打ち出していけば入る。やっぱり、日本はこのパターなのかなって。それに気付いたから、今日がある」。日本ツアー屈指のパット巧者がカムバックを果たした。

<最終日の使用ギア>
ドライバー:本間ゴルフ ツアーワールド GS(ロフト11.5度)
シャフト: 本間ゴルフ VIZARD FZ(重さ60g台、硬さX、長さ45.5インチ)
フェアウェイウッド:タイトリスト TSi3 フェアウェイメタル(3番15度)、テーラーメイド M2 ツアー(5番18度)
アイアン:本間ゴルフ ツアーワールド TR20-P(4、5番)、本間ゴルフ ツアーワールド TR20-B(6~10番)
ウェッジ:本間ゴルフ ツアーワールド TW-W ウェッジ(2018年)(49、55度)、本間ゴルフ ツアーワールド TW-W ウェッジ(2016年)(59度)
パター:スコッティキャメロン プロトタイプ
ボール:本間ゴルフ TW-X

おすすめ記事通知を受け取る
本間ゴルフ
スピードアップとやさしさのベストバランスを追求
発売日:2021/01/29 参考価格: 74,800円

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!