ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

ナイキ3W、オデッセイ名器「気に入ったら使い続ける」木下稜介の初優勝ギア

2021/06/08 16:14


◇国内メジャー◇日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills 最終日(6日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7387yd(パー71)

単独首位から出た木下稜介が4バーディ、1ボギーの「68」で通算14アンダーまで伸ばし、初優勝をメジャータイトルで飾った。惜敗を重ねてきたツアー本格参戦8年目。今シーズンだけで3度目となる最終日最終組のプレーで後続に5打差をつけてぶっちぎった。

<< 下に続く >>

パーオン率は今季ツアーナンバーワンの70.99%、“飛んで曲がらない”トータルドライビングでも4位につけるショットメーカー。「気に入ったものは使い続ける。テストはするけど、なかなか替えられない」とセッティングのこだわりを明かす。

3Wは2016年に用具事業から撤退したナイキのヴェイパー スピード フェアウェイウッド。「今のクラブのように飛ぶわけではないけど、スピンが入るし、操作性が良い。ロングのセカンドとかでもグリーンに止められるので、なかなか替えられずにずっと使っています」。最終日はリードを広げてサンデーバックナインに入った中で「難しいホールが続く。何があるか分からない」という14番以降、この2015年に発売されたモデルを握るティショットも増えた。

パターも2010年に復刻されたオデッセイ トライホット ♯3 iXのプロトタイプ。4月「東建ホームメイトカップ」ではショートゲームで後手に回って優勝を逃し、奥嶋誠昭コーチと重点的に強化してきた。パンチが入ったり、緩んだり、「良くないときは右手がちょっと悪さをする」とストロークの悪癖を洗い出し、ドリルで改善を模索。「スピードが合ってくるようになって、特に課題のパッティングが安定していた。練習の成果が出た」。持ち味のショットにグリーン上がかみ合い、大会を通じた平均パット数は4位にランクインした。

7月には初の海外メジャー「全英オープン」が控え、この優勝でこちらも初めての世界選手権シリーズとなる8月「WGCフェデックス セントジュード招待」の切符をつかんだ。「ヨーロッパのQTとか、積極的に海外に出ていきたい。ヨーロッパで川村選手、PGAでは松山選手が頑張っている。割って入れるように」。5年シードを足掛かりに世界を広げていく。

<最終日のクラブセッティング>
ドライバー:ブリヂストン ツアーB XD-3 プロトタイプ(9.5度)
シャフト:藤倉コンポジット プロトタイプ(硬さX、45.25インチ)
フェアウェイウッド:ナイキ ヴェイパー スピード(3番15度)
ブリヂストン ツアーB XD-F(5番18度)
ユーティリティ:ブリヂストン ツアーB X-HI(3番20度)
アイアン:ブリヂストン ツアーB X-CB(4番~PW)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイ SM8(52度、58度)
パター:オデッセイ トライホット ♯3 iX プロトタイプ
ボール:ブリヂストン ツアーB X

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!