ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

決め手は「松山さん」 星野陸也の新ドライバーと優勝セッティング

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日(6日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

1月「SMBCシンガポールオープン」以来の日本男子ツアーの再開戦を、24歳の星野陸也が制した。ツアー通算3勝目。初勝利を挙げた2018年以来2回目、同大会を複数回制したのは2010年までに2連覇した石川遼以来となり、「少しでも近づけたら」と喜んだ。

<< 下に続く >>

堀川未来夢との3ホールにわたるプレーオフは1Wショットで圧倒した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、場内のスタッフを最小限にしたため、ドライビングディスタンスの計測は実施されなかったが、得意のロングドライブを活かした。4日間のフェアウェイキープ率も全体6位の75%と高水準だった。

握ったのは10月発売の住友ゴム工業 ダンロップの新シリーズ「スリクソンZX」の「ZX7ドライバー」。中断中に試打を重ね、「コロナの期間でしっかりテストをしていた。『このドライバーは使える、エースかそれ以上になる』と決めていました。ただ、フェースの向きがちょっと気になっていて…」と開幕前日まで実戦投入を悩んでいた。

調整も終えて、最後に背中を押した要因は同社契約の先輩プロの存在だった。「それこそ、松山さんがPGAツアーで使ったのもあります。自分もスリクソンの選手として、(新製品を)使って優勝したらカッコイイなと思いました」と白い歯を見せる。もちろん、機能にも満足で「出球が高く、飛距離も多少伸びている。僕にとっては(弾道の)操作がしやすいのが一番。今週はドローもフェードも、思い通りいきました」と自信をもってPRした。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:スリクソン ZX7(9.5度)
シャフト:三菱ケミカル クロカゲXT(70g台、硬さX、45インチ)
フェアウェイウッド:テーラーメイド M2 HL (3番16.5度)、スリクソン Z-TX(5番18度)
アイアン:スリクソン Z585(3番)、スリクソン Z945(4番~PW)
ウェッジ:クリーブランド RTX-3 ブレードタイプ(52度、59度)
パター:オデッセイ ホワイト・ライズ iX #3SH
ボール:スリクソン ZスターXV

おすすめ記事通知を受け取る
ダンロップ
大きな飛距離と操作性
発売日:2020/10/17 参考価格: 74,800円

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!