ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

女子プロはインパクトの“お尻ギュッ”で飛ばす!

「週刊ゴルフダイジェスト」(4月16日号)より

「インパクト時にお尻にギュッと力を入れる。球を押し込むにはこれが大事なんですよ」と語るのは、週刊ゴルフダイジェストの連載「サルでもできるタイガー打法」でおなじみの中村龍明プロ。連載で「左1軸」のスウィングを解説する中で「テークバックに体重移動はいらない」そして、「インパクト時にお尻にギュッと力を入れて打つ。球を押し込むにはこれが大事」と解説しているが、まさに国内外で活躍する女子プロはこの“お尻ギュッ”で飛ばしているという。

宮里藍上田桃子木戸愛森田理香子……。その中から、有村智恵のスウィングをお手本に“お尻ギュッ”を詳しく解説してもらおう。

* * *

女子プロは男子プロに比べて、どうしても上半身の力が弱いので、オーバースウィングになってしまいやすいのですが、有村プロはトップがコンパクトで、非常にいいバックスウィングができています。

トップが大きすぎると、腰が早く回りすぎてしまい、ヘッドが下りてくるまでに腰を減速させなければいけなくなるのです。有村プロの場合は、ダウンで腰と手がしっかりと同調し、手が常に体の正面にあるので、インパクトで強くボールを押し込むことができています。

写真を見ると、インパクトでくっきりとお尻のラインが出ているのがわかると思います。これこそ押し込めている証拠。私たちが「テールボーン・プッシュ」(=尾てい骨の押し込み)と呼んでいる動きですが、これがないと、ボールにパワーを伝えることができません。アマチュアのみなさんにもぜひ見習ってほしいヒップの動きです。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。