ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

有村智恵米ツアー本格デビュー。“世界”への第一歩

「週刊ゴルフダイジェスト」(3月19日号)より

いよいよい有村智恵の米ツアー本格デビューイヤーがスタートした。あいにくV争いには絡めなかったが、16年のリオ五輪を視野に入れた海外挑戦ははじまったばかり。ワクワクどきどきのシーズン初戦は、2年前優勝争いを演じ2位に入った思い出の大会「HSBC女子チャンピオンズ」(セントーサGC・シンガポール)だった。

大会3日目、女王ヤニ・ツェンと同組でラウンドした有村。「英語は苦手」といいながらヤニのジョークに白い歯を見せるなど和気あいあい。大勢のギャラリーに囲まれ早くもツアーに居場所を見つけたようだ。

<< 下に続く >>

オフにフロリダで1カ月みっちり芝の上から練習しただけあって、グリーン周りで絶妙なアプローチを連発するなど、しぶといパーセーブを繰り返したのだが……。

「でも歯がゆいショットが多かったです」とチャンスを作れず、「いくら練習しても実際の試合でどうなるかは別。我慢したつもりですが、やっぱりもう少しショットの精度を上げなければ」反省の弁が口をついた。

米ツアー挑戦は親交のある五輪選手たちの影響で「4年に1度、あの緊張感のなかで戦いたい。そのためには海外で経験を積まなければ」と考えたから。同じコーチに師事するチェ・ナヨンも常々「目標は五輪で金メダル」と語っており、ライバルが優勝戦線を引っ張ったことが有村の闘争本能にさらなる火をつけた。

目標の“ルーキー・オブ・ザ・イヤー”獲得のためにも1戦1戦気の抜けない勝負が続くことになる。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!