ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹5位もトップ3まで0.13pt差/男子世界ランク

5日付けの男子世界ランクが発表された。米国ツアー「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で優勝した松山英樹は56ポイントを加算。前週と変わらず5位だったが、4位のダスティン・ジョンソンとの平均ポイント差は「0.058」。3位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)との差を「0.1369」とした。

松山の活躍でトップ5は激戦となった。5位松山と1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)との差は「1.1382」。昨年同時期の2016年2月8日付けでは、1位ジョーダン・スピースと5位ステンソンとの差は「4.6223」だった。

<< 下に続く >>

松山は、昨年10月から世界中で5勝(ツアー競技外を含む)挙げて世界ランクもジャンプアップ。ロリー・マキロイ(北アイルランド)が離脱中などもあり、日本勢最高のトップ3、さらに世界1位の座を射程にとらえはじめた。

ステンソンは欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」で2位に入り、1ランク上がった。試合のなかったダスティン・ジョンソンが4位に下がった。

優勝したセルヒオ・ガルシア(スペイン)は6ランク浮上して9位となった。約半年ぶりとなるトップ10に返り咲いた。第2ラウンド開始前に棄権したタイガー・ウッズは8ランク下がって674位となった。

日本勢では池田勇太が34位、谷原秀人は58位でともに1ランク落とした。米国ツアーで予選落ちした石川遼は109位に2ランクダウンした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!