ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

トップ10に韓国勢5人 畑岡7位で21年初戦へ/女子世界ランク

8日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表された。1月の米国女子ツアー開幕戦後に更新されて以降、変動はなく、トップ10の国別内訳は、1位のコ・ジンヨンを筆頭にトップ3を独占する韓国勢が5人と圧倒、米国2人、カナダ、日本、オーストラリアが各1人となっている。

日本勢は畑岡奈紗が7位でトップ、渋野日向子が13位、古江彩佳が16位、鈴木愛が23位で続く。日本とフィリピンの両国籍を持つ笹生優花が45位、稲見萌寧が63位で、いずれも五輪出場を目指している。

米ツアー5季目となる畑岡は、2月25日開幕の「ゲインブリッジ選手権」(フロリダ州レイクノナGC)が2021年の初戦。2020、21年が1シーズンに統合された日本女子ツアーは3月4日開幕の「ダイキンオーキッドレディス」(沖縄・琉球GC)がことしの初戦となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!