ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

男子個人で首位のヒラー「なぜか300yd以上飛んで…」と首をひねる

2017/06/16 11:22

◇2017 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 3日目◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843ヤード(パー71)、女子6130ヤード(パー72)

男子個人のトップは、ニュージーランドのダニエル・ヒラー。初日2オーバー「73」と出遅れたが、この2日間は「64」、「66」とビッグスコアを連発し、2位に2打差をつけて単独首位に躍り出た。

<< 下に続く >>

今大会は3度目の出場だ。「過去2回はアジアでゴルフをする機会がなく、コースにうまく馴染めなかった。今回はそんな過去の経験が活きて良いプレーにつながっている」という。心がけたのはフェアウェイキープ。この日は9番で短いパットを外し、流れを失いかけたが、「必ずチャンスが来る」と粘り強くプレーした。

理由は本人も「わからない」というが、ドライバーショットが飛んでいる。「いつもは290ydを計算していますが、今週は300yd以上飛んでいる」と好調要因となっている。

2015年に16歳でニュージーランドアマを制したエリートゴルファー。今大会での活躍を、10月末に母国開催される「アジア・パシフィック アマチュア選手権」(ロイヤルウェリントンGC)での優勝につなげたいと計画している。

「国の代表としてプレーする貴重な試合で結果を残したい」。アマチュアでしかできない経験を積んで、将来はプロとしての活躍を夢見ている。団体戦でも逆転優勝圏内の3位につけるニュージーランドの頼もしい存在だ。

おすすめ記事通知を受け取る
トヨタジュニアゴルフワールドカップ公式サイト

【大会期間中毎日更新】インタビュー&オフショット動画

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!