ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

米国がアベックVに王手 日本女子は3連覇へ5打差を追う

◇2016 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 3日目◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843ヤード(パー71)、女子6130ヤード(パー72)

世界6大陸、60を超える国と地域が参加した予選を勝ち抜いた男子15チーム、女子9チームによるジュニアゴルフの国別対抗戦は16日(木)、第3ラウンドが行われた。雨が降ったりやんだりというぐずついた天候。初日から首位を走っていた日本女子は、団体戦でスコアを1つ崩して通算8アンダーとなり、通算13アンダーに伸ばした米国に首位を明け渡した。6位から出た日本男子は通算4アンダーにスコアを伸ばしたものの7位に後退。通算29アンダーで首位の米国とは25ストローク差に開いた。

大会3連覇(2014年はエキシビション)を目指す日本女子は、ムービングデーの3日目にスコアを崩した。出場3人のうち2人のスコアを採用する形式で、スコアを縮めたのは1アンダー「71」の稲見萌寧(日本ウェルネス高2年)ひとり。新垣比菜(沖縄・興南高3年)、チーム最年少の16歳・佐渡山理莉(沖縄・名護高1年)はともに2オーバー「74」で、この日のチームスコアは1オーバーだった。一方、1打差の2位から出た米国女子は、チームスコアが5アンダーで通算13アンダーと混戦を抜け出した。通算8アンダーの日本女子は逆転連覇へ向けて、最終日に5打差を追いかける。

出場4人のうち3人のスコアを採用する男子も、女子と同様に米国が爆発力を見せつけた。「67」を筆頭に、4人そろってアンダーパーをマーク。この日のチームスコアは11アンダーで、通算29アンダーまで伸ばし、スタート時点では首位タイで並んでいた2位のタイに11打差をつけ、女子とのアベック優勝に王手をかけた。

日本男子はエース・金谷拓実(広島国際学院高3年)と杉原大河(徳島・生光学園高2年)がともに「69」(男子はパー71)の2アンダーでホールアウトしたが、池田悠希(熊本・秀岳館高1年)が「72」、岡崎錬(福井工大附属高3年)も「73」と伸びず、チームスコアは3アンダー止まり。スコアの伸ばし合いとなった他のチームの勢いについていけず、2年連続の大会制覇はほぼ絶望的な状況に追い込まれた。
個人戦は、女子が米国のクリステン・ギルマンが通算10アンダーで単独首位。日本の佐渡山が通算4アンダーで2位につけ、」最終日を迎える。男子は南アフリカのディラン・ナドゥーが通算14アンダーで、後続に5打差を付けて抜け出した。日本勢のトップは、通算6アンダーで10位タイの金谷。

おすすめ記事通知を受け取る
トヨタジュニアゴルフワールドカップ公式サイト

【大会期間中毎日更新】インタビュー&オフショット動画

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。