ニュース

米国男子クイッケンローンズ・ナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズがマレット型パターを実戦投入も

◇米国男子◇クイッケンローンズ・ナショナル 事前情報◇TPC ポトマック・アット・アヴェネルファーム (メリーランド州)◇7107yd(パー70)

「全米オープン」以来、2週ぶりのツアー出場となるタイガー・ウッズは新しいパターを使用する可能性が出てきた。開幕前日の27日(水)までに、開催コースでは長い時間、テーラーメイドのマレット型パター(TP ブラックカッパー アードモア3)を握って調整した。

ウッズは2008年までにスコッティキャメロンのピン型パター(ニューポート2 プロトタイプ)でメジャー13勝(通算14勝)をマーク。ナイキのピン型を使った時期もあったが、マレット型を使用するのは異例。「(春先の)西海岸やフロリダでは良いパットができていたんだけど、ここ4試合くらいは感触が良くないんだ」という。ストローク・ゲインド・パッティングは現在89位(+0.108)で、さらなる改善を目指している。

新しいパターでパッティングの形を確認した開幕前日は、どのパターを使うか明言しなかったが、「思ったところにしっかり転がせられるようになれば、前のようにパッティングの調子が戻るはず」。3年ぶりに出場するホスト大会ではグリーン上のプレーが注目される。

関連リンク

2018年 クイッケンローンズ・ナショナル




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~