ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 バルスパー選手権
期間:03/13〜03/16 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

キャロウェイがX2 Hot FWシリーズを強化

2014/03/14 10:36

By Jonathan Wall, PGATOUR.COM

キャロウェイの「X HOT 3Deepフェアウェイウッド」は、昨年PGAツアーの中でも最も話題になったクラブのひとつだった。ディープフェースのこのフェアウィウッドは「シェルヒューストンオープン」でフィル・ミケルソンが使用したことで一気に注目の的に。ドライバーとほぼ同じ飛距離を容易く出すこのクラブを、彼は「マスターズ」でも投入した。

その3カ月後、ミケルソンが「全英オープン」で優勝した際にも、そのクラブは大きな役目を果たした。最終ラウンドの17番(パー5)、ロフト13度のこのクラブで、ティショットとフェアウェイからの第2打を放ち2オンに成功。バーディを奪って勝利を決定づけた。

ところで、多くの人は知らないことだが、ミケルソンは昨年、この3Deepでのフェアウェイからのショットには難色を示していた。フェース面の高いこのクラブはティショットのオプション用にデザインされ、常にフェアウェイからのショットするための能力には少しばかり欠けるところがあった。

「このクラブが公になる数週間前に、フィルと話したんですが、彼は『フェアウェイからは上手く打てない』と言っていました。特にボールに十分な高さを出せなかったのです」とはキャロウェイのシニアプロダクトパフォーマンスディレクターのエバン・ギブス氏。「でも(全英OPが行われた)ミュアフィールドでは完璧な弾道が出たんですがね」。

この3Deepのニューバージョンをデザインするにあたり、キャロウェイの開発チームは(フェアウェイでの)対応力を高めることを最重要課題とした。ニューモデルの「X2 Hot 3Deep」のヘッド体積は182cc。前作のX Hot 3Deep(ロフト13度)は184ccだったため、ほぼ同じである。

違いは慣性モーメントとロール部分にある。X2 Hot 3Deepは前作よりも慣性モーメントを高めることで、優しさと安定性を増した。そしてロール部分をフラットにすることで、フェアウェイや厳しいライからでもクラブの抜けを向上させている。

「ティショットのときにフェースの真ん中で素晴らしいショットをした時には本当の進化は分かりません」とギブス氏。「しかしフェアウェイから、クラブフェースの下の部分で打った際には、ボールに高さを出し、スピン量も少し高まっているのです」。彼によれば、現在ロフト12度のこのプロトタイプを使用しているフィル・ミケルソンは、このクラブは昨年モデルよりもフェアウェイからのショットがかなり易しくなり、ティショットでのフィーリングは変わらないというフィードバックを残したという。

この新たなX2 Hot 3Deepはハイストレングス・カーペンター455という素材と及びハイパースピードフェースが特長。より薄い素材がボールスピードを上げるのに貢献している。

ところで、昨年は13度と14.5度のロフトモデルがあったが、X2 Hot 3Deepは14.5度のみ。ギブス氏いわく、1本に絞った理由があるという。「14.5度のモデルを好む選手たちは、ティショットも、フェアウェイからのショットでも使える多様性を求めていたことに、昨年我々は気づいたんです。だからこそ私たちは今年の3Deepは、どちらにも対応できるように開発を進めてきました。13度を使うフィルのような選手は、(結局)ほぼドライビングクラブとしての用途しかなかったんですよ」

一方で、3Deepのロフトを1つに絞った代わりに、キャロウェイはさらにロフト12.5度の「X2 Hot 2Deep」をラインナップに加えた。このモデルのヘッド体積は3Deepよりも21cc大きい203cc。ティショットにより特化したデザインを持つフェアウェイウッドだ。

「2Deepと3Deepには少し違う狙いがあります。2Deepはより慣性モーメントが高く、ドライビングクラブにより適しています。3Deepは昨年モデルとサイズは同じながらも、(フェアウェイからでも)多彩に打つことができる2面性を持っているのです」。なお、2Deepにも3Deepと同じ素材がフェースに搭載されている。

2Deepと3Deepの発売に伴い、キャロウェイはさらに18.5度の「X2 Hot 5Deepフェアウェイウッド」もリリースする。ツアーでのフィードバックを通じ、何人かの選手はアドレスの際に、フェース面が見える(ロフトがあるモデル)タイプを好む選手がいるからだ。この5Deepは、「X2 Hot Proフェアウェイウッド」よりも、ディープフェースになっており、スピン量をわずかに調整したモデルだ。

「選手たちの意見のひとつに、これまでの我々のフェアウェイウッドはロースピンで切り裂くようなボールが出るというものがありました。(パー5で)2オンに成功した場合に、パッティングの面でトラブルを招いてしまほどに、と。そうであればこの5Deepをティショットで使うオプションとしても、フェアウェイからスピンを出して、グリーンにコントロールショットを打ちたい選手たちにとっても非常に使えるものだと思います」

キャロウェイのX2 Hot 2Deep(12度)、X2 Hot 3Deep(14.5度)、X2 Hot 5Deep(18.5度)は3月14日に全米で発売。純正シャフトはアルディラツアーグリーン。価格は1本230ドルとなっている。

関連リンク

2014年 バルスパー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~