ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 バルスパー選手権
期間:03/13〜03/16 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

イニスブルックリゾートの名物ホール:カッパーヘッドの8番

2014/03/14 14:23

ティショットの軌道がドローの選手ならば、今週の「バルスパー選手権」での8番パー3のホールで幾分かは気が楽になるかもしれない。

イニスブルックリゾートに散らばる5ホールのパー3の中で最も距離のある235ヤードの8番ホールでは、何年にも渡り1本の巨木がボールを打ち出す右方向を遮っていた。

昨年の大会後、イニスブルック管理者は視界を広くすることを決断。

イニスブルックの管理を任されているライアン・スチュワートは、「(木が)プレーヤーのショットに影響を与えていました。特にティからグリーンの半分近くが隠れて見えない状態でしたので、プレーに影響が出ていました。今は以前よりショットを打ちやすくなったと思います」と語る。

今回の変更が出場者にどう影響するかは、各々の打球の行方次第だろう。

2010年に優勝したジム・フューリックは、「主に軌道がドローな選手、強めのドローを打てる選手は大きなアドバンテージを得る。ライアン・パーマーケニー・ペリーらのように、右から左に曲がる球を打つ選手と話をしてみれば、その違いは明らか」と話す。

つまり、軌道がフェードの選手にとっては、今回の変更が視覚的なものだけでないことがわかるはず。ただし、隙間をつく技術があればの話だが。

フューリックは、「多くの選手は見た目の違いがわかるはず」と、コースの違いについて語る。

風の影響にもよるだろうが、ミドルアイアンからハイブリッドを選択すれば、ダイヤモンド型に近い形のグリーンに乗せることが求められる。手前のバンカーを越えられなければ、パッティングのラインを拝むことも出来ない。

8番ホールは、カッパーヘッドの中でも5番目に難易度の高いホールと言われている。近年では“スネークピット”の愛称で知られる16番から18番ホールで記録されたバーディ数の方が少ない。

昨年の「全米オープン」を制したジャスティン・ローズは、「とにかくティショット狙い所が狭いという印象だね。ティから見えるグリーンの幅が狭いから」とコメント。

木を1本伐採しただけで数字に変化が見られるかどうかは、大会を通してみなければわからない。

「あのホールでは真っ直ぐ打てば良いんじゃないかな」と、ローズは皮肉を忘れなかった。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 バルスパー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~