ニュース

国内男子トップ杯東海クラシック の最新ゴルフニュースをお届け

マキロイ使用のナイキ・ヴェイパードライバー 日本でもお目見え

欧州選抜の3連覇で幕を閉じた前週の「ライダーカップ」。チームのエースとして活躍したロリー・マキロイ(北アイルランド)は、ナイキゴルフが来年1月末に米国で発売する新ドライバー、ヴェイパープロを初めて実戦投入した。

アイアンも含め既に米国で話題の新シリーズ。日本でも10月「トップ杯東海クラシック」の会場で、薗田峻輔のキャディバッグからお目見えした。もはやお馴染みとなったキャビティバックソールに鮮やかなライムイエローのカラーリングが施されたドライバー。「“食いつく”感じがある。インパクトの時に長い時間、フェースにくっついていてくれる。音もさわやかで、打感とよく合っている」と好感触を得たようだ。

薗田はドライバーだけでなく、アイアンも前週ニューモデルにスイッチ。ヴェイパーアイアンのプロトタイプ「MM PROTO」アイアンは、マキロイが「全英オープン」で2Iとして使用していたものだ。

タイガー・ウッズのショット分析データで、インパクトがわずかにヒール寄りに集まることが分かり、トゥ側に重量配分を増やしたこのアイアン。重心位置とインパクトポジションを近づけたことで、ショット時の振動、衝撃を軽減したという。

薗田は夏場のオープンウィーク中に、テキサス州にあるナイキの研究施設「OVEN(オーブン)」を訪れ、開発中のモデルをテスト。「話を聞いても『振動なんてあるのかな』と思っていたけれど、実際に打ったらスゴイと思った」。トゥ側に重心を持ってきたことにより、「弾道を低く抑えて打ちたいときに、左につかまり過ぎるのを怖がらず振れるようになった。安定してライン出しがしやすくなった」と実戦における効果も実感している。

なお、ヴェイパーシリーズのドライバーの発売は、先に発表のあったアイアンシリーズと足並みをそろえるとなると日本でも来春になりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。