ニュース

国内男子トップ杯東海クラシック の最新ゴルフニュースをお届け

苦手コースで好発進 藤本佳則は苦笑いの5位

2014/10/02 17:30


愛知県の三好カントリー倶楽部 西コースで開幕した国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」初日。今季初優勝を狙う藤本佳則が“脱力系ゴルフ”で上々のスタートを切った。5バーディ、2ボギー「69」をマークし3アンダー。5位タイで2日目を迎える。

トップと3打差の発進に思わず「どうしたんスかね」と苦笑いした。同大会では過去初出場の2012年に予選落ち、昨年は13位に入ったが「苦手」と自認するのがこの三好だ。

ツアーだけではなく、アマチュア時代の11年には同コースで行われた「日本アマチュアゴルフ選手権」で準優勝を挙げたが「何回も回って、イヤなところばかり覚えている。そういうのも含めて、イヤなんス」。打ってはいけない、行ってはいけない。そんなポジションだらけの伝統の難コースだけに、不安要素ばかりが蓄積されてしまうのがトッププロの頭の中だ。

対策は「得意じゃないから、あんまり期待しないこと。半分あきらめて、無欲で」。ディフェンディングチャンピオンとして臨む次週「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central」、その翌週「日本オープン選手権競技」をはじめ、シーズンはようやく本格化。このタイミングで46歳のエースキャディ前村直昭には休養してもらっている。

同コースで60台が初めて出たが「まあ、頑張ってきまス」。気合いみなぎる表情…ではないけれど、伝統の大会の歴代優勝者に名を刻む資格はきっとあるはずだ。(愛知県みよし市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。