ニュース

国内男子長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

白マナの第3世代 ディアマナWがツアーデビュー

三菱レイヨンの看板製品であるディアマナシリーズが登場したのは2005年。以降、「青マナ・白マナ・赤マナ」の3ラインナップは、第2世代として、それぞれ「カイリ(Kai’li)・アヒナ(’ahina)・イリマ(’ilima)」へと生まれ変わり、大ヒットを遂げてきた。さらに昨年、「青マナ」→「カイリ」の後継モデルとして第3世代の「Bシリーズ」を発売。

そして今年は「白マナ」→「アヒナ」の流れを踏襲した「Wシリーズ」が登場だ。

<< 下に続く >>

Bシリーズから始まる第3世代の新機能が、超高弾性材料(ダイアリード)をバット部(グリップに近い部分)に用いたこと。これにより、スイング、インパクトの瞬間にシャフトが、つぶれて変形するのを防ぎ、切り返しのパワーを損なうことなく、ダウンスイングへの移行が可能になった。この特性がWシリーズにも搭載されている。

今作は昨年のBシリーズの改良版と言え、やはり、白マナの伝統を踏襲するもの。Bよりも先部分の合成が硬く、手元調子になった。Bではボールが捕まり過ぎていたゴルファーが、左を恐れずに叩けるタイプ。既にツアーでは小田龍一武藤俊憲が実戦でテストした。

それにしても一般的に「白マナ」はかつて、タイガー・ウッズが使用して一躍その名を知らしめたように、3色の中ではもっとも“ハードヒッター向け”というイメージが付きまとう。多くのアベレージゴルファーとっては、ちょっと…と端から敬遠されそうなところ。

しかし、そんなもっともらしい想像に、三菱レイヨンのツアー担当・深山克己さんは“待った”をかける。「スイングが不安定で、体がスウェーしてしまうタイプの方は、真ん中の合成が軟らかいシャフトだと、ボールを安定して捕えにくいことがあります。体が横揺れしてしまう人は、手元調子の方が、インパクトが安定する確率が高くなるんです。曲がらないで真っ直ぐ運べれば、ボールは飛ぶでしょう?」

普段はツアー会場でのトッププレーヤーたちとのやり取りがメインの深山さんだが、一般ゴルファーに向けた試打会などにも参加し、同様のアドバイスを送ることもある。「Wシリーズはもちろん、左に行かないのがウリですが、インパクトを安定させることを考えると、良いことがあります。是非、アスリートモデルとはいえ、一度試していただきたい」。

一般市場でも幅広いユーザーにリーチするため、重量は50グラムから、60、70、80グラムの4タイプを投入する予定。「軽量モデルの50グラムはもちろん、“60グラムのR”を選んで使ってもらうのも良いと思います」。アベレージゴルファーも、食わず嫌いで敬遠するのはやはりもったいない秀作だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!