ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

「HONMAは おじさんのクラブか?」上平、岩田らを支える新ブランド

2012/12/20 10:00


2012年の国内男子ツアーでブレークした選手と聞いて、まず思い浮かぶのはどの選手の顔だろうか?新人ながら5月の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」を制した藤本佳則、また同じくルーキーで年間を通じて活躍を見せた川村昌弘、さらには8月の「VanaH杯KBCオーガスタ」で待望の勝利を挙げたキム・ヒョンソンに加え、韓国の新鋭イ・キョンフンも有力候補と言えそうだ。

そして彼らと同様、多くの週で注目を集めたのが35歳の上平栄道。ツアーメンバーで最低身長、158センチの小さな巨人はツアー初勝利こそならなかったが、7度のトップ10入り(うち4度がトップ5)で、賞金ランク16位に。最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」、翌週の「Hitachi 3Tours Championship」への初出場も果たした。

今回、話題にするのはその上平を支えるギア。シーズン後半戦でドライバーに差さっていたシャフトは、来年2月発売の本間ゴルフ「ヴィザード(VIZARD)」シリーズ。グリーンとブラックのコントラストがまぶしい「TA」だ。

「キヤノンオープンから使用しました。とてもしっかり感があって、ヘッドとのマッチングも良かった。強くて飛ぶ球が出ていたので、すごく良い印象でした。つかまりやすいタイプなので、アマチュアの方にとっても合う性能のシャフトとだと思う」と言う上平の他、韓国女子プロのリュー・ソヨンが使うこの「VIZARD TA」は、いわゆる弾き系。一方、岩田寛キム・ドフンジュビック・パグンサンらが使う「VIZARD TZ」は粘り系で、ブルー×ブラックのカラーとなる。それぞれのゴルファーのニーズに応える2つの製品だ。

同シリーズは2月、新ブランドの「TOUR WORLD(ツアーワールド)」とともに市場にリリースされる。本間ゴルフといえば、悪く言えば“かつての名器”、“年配のゴルファーが使う”といったイメージも根強い。しかし同社は今回、コアなアマチュアゴルファーの層を「熱意系ゴルファー」というフレーズで定義。このヴィザード・シャフト、ツアーワールドの各クラブは、プロからのフィードバックをもとに、向上心の強いアマチュア層をターゲットにしている。

「HONMAは おじさんのクラブか」。これこそが新たなキャンペーンフレーズ。上平、岩田、キム・ドフン・・・ツアー初優勝が待たれる彼らの活躍は、新ブランドのイメージ構築にも直結していくだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。