ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/31〜06/03 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

佐渡充高が簡単解説!初めてのPGAツアー【第三十九回】

■ 「ザ・メモリアルトーナメント」

1976年の初開催以来、今年で37回目を迎える。ニクラスが第5のメジャーを作ろうと開催し、例年ゴルフ界のレジェンドを讃えて戦うのが大会コンセプトとなっている。 過去の主な優勝者にはジャック・ニクラス(77、84年)、トム・ワトソン(79、96年)、レイモンド・フロイド(82年)、ヘイル・アーウィン(85年)、カーティス・ストレンジ(88年)、グレッグ・ノーマン(90、95年)、ポール・エージンガー(93年)らの名前が挙がる。また、タイガー・ウッズが99年から3連覇を達成している大会でもある。

■ ニクラスの大会への思い入れ

この大会はニクラスが作った大会であるが、彼のようなアメリカのレジェンドが作った試合は5試合存在する。バイロン・ネルソンの「バイロンネルソン選手権」、ベン・ホーガンコロニアル(「クラウンプラザインビテーショナル」)、ボビー・ジョーンズの「マスターズ」、アーノルド・パーマーの「アーノルド・パーマーインビテーショナル」、そしてニクラスの「ザ・メモリアルトーナメント」だ。

ニクラスは、自分の憧れがボビー・ジョーンズだったこともあり、以前からトーナメントを開催したいという強い想いがあった。ジョーンズがそうしたように、自分も何かできないか、大会を作れないかと、彼が36歳の時にこの大会をスタートさせている。今大会が行われるミュアフィールドビレッジGCがあるコロンバスは、ニクラスの生まれ故郷でもる。コースはオーガスタのように美しく、クリークの水は底が見えるほど透き通っている。大会のイメージカラーはグリーン(サンドイッチを梱包した包み、コースロープに至るまで緑色)で、これはすべてマスターズに匹敵するような大会にしたいというニクラス強い気持ちの表れでもある。コース内にはニクラスの邸宅があり、大会期間中、またはバケーションをそこで過ごすことも度々。滞在中は練習をしたり、プレーをしたり、コースを散歩したりしながら過ごすこともあるようだ。コースはまさにニクラスが手塩にかけた仕上がりで美しく整備され、ティグラウンドでもパットの練習ができるくらい、キレイに刈り込まれている。ニクラスとともにコース設計を手掛けたのはデズモンド・ミュアヘッド(1923-2002)という設計家で、彼はとても愛嬌があり、洒落のきいたデザインで有名な設計家であった。ここミュアフィールドビレッジGCも彼のセンスが存分に活かされたコースであり、戦略性だけではない、深みのある美しさが特徴のコースだ。決して歴史が長い大会でも、昔に作られたゴルフ場でもないのに、それはまるでこの世が誕生した時から存在していたかのように、自然とそこにあると感じさせるのはまさに設計家の技量である。さらにそこに帝王と言われたニクラスの戦略性が加わり、チャンピオンの中のチャンピオンを決める大会に相応しいコースであるといっても過言ではない。

おすすめ記事通知を受け取る

佐渡充高(さどみつたか)
ゴルフジャーナリスト。1957年生まれ。上智大学卒。大学時代はゴルフ部に所属しキャプテンを務める。3、4年生の時に太平洋クラブマスターズで当時4年連続賞金王に輝いたトム・ワトソンのキャディーを務める。東京中日スポーツ新聞社を経て85年に渡米、ニューヨークを拠点に世界のゴルフを取材。米国ゴルフ記者協会会員、ゴルフマガジン「世界トップ100コース」選考委員会国際評議委員。元世界ゴルフ殿堂選考委員。91年からNHK米ゴルフツアー放送ゴルフ解説者。現在は日本を拠点に世界のゴルフを取材、講演などに飛び回る。

関連リンク

2012年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。